マカで疲労を回復させる

疲労回復のためにもマカが役立ちます。

 

マカはビタミンB1が豊富な野菜です。

 

ビタミンB群全般は、エネルギーの代謝のために必要ですが、疲労を回復させたり、粘膜の健康を保ったりするためにも欠かせないのです。

 

ビタミンB1が不足すると、ちょっとしたことで疲労を感じやすくなります。

 

すぐにスタミナが切れるため、仕事だけでなく趣味にも消極的になります。

 

現代人の慢性的な疲れのなかには、ビタミンB1の不足が関係していると言われています。

 

ほとんどの疲労は睡眠をとることで解消します。

 

しかし、適正な時間の睡眠を取っているのに、思うように疲労が抜けないことがあります。

 

これは睡眠の質が悪いことが主な原因ですが、それ以外にもビタミンB1の不足が関係しているのです。

 

睡眠中の疲労回復の効率が下がることで、なかなか疲れが抜けなくなるのです。

 

疲労が蓄積していくと、ストレスから精神疾患に至る可能性もあります。

 

マカEX

 

■マカで疲労回復
マカは疲労回復をするのに理想的な野菜だとされます。

 

ビタミンB1を豊富に含有することで、活動時・睡眠時を問わずに疲労の蓄積を防いでくれます。

 

また、各種アミノ酸も非常に豊富です。

 

そのなかでも、バリン、イロソイシン、アルギニン、ロイシンは筋肉や脳に蓄積した疲れを解消するのに理想的なアミノ酸なのです。

 

疲労回復のためには、単体の成分だけでなく、複合的な成分をまんべんなく含んでいることが大切となります。

 

マカが疲労回復によいのは、これらの成分をバランスよく含んでいるためです。

体脂肪量(somatic fat volume)に変化がない

マカ(maca)

南米ペルーのアンデス山脈でとれる根菜。ホルモンバランスを調整する効果を持つ。

 

[株式会社自由国民社 現代用語の基礎知識2012]

 

 

マカ(Maca)は南米ペルーに植生するアブラナ科の多年生植物。根は薬用ハーブとして使われる。別名 macamaca, maino, ayak chichira, ayak willku。

 

属名 Lepidium はギリシャ語のLepidionから来ている。その実の形から、小さな鱗片という意味である。

 

ペルーでは広くマカと呼ばれている植物はSoukup(1970)によれば記録されている物で100種類あり、うち11種類がペルーに自生する。

 

 

インカ帝国時代から重要な食物として栽培され、強烈な紫外線と酸性土壌、昼夜の温度差の激しい過酷な自然環境に育つ。土壌の栄養素を満遍なく吸い取るため、一度マカを栽培した土地は数年間不毛になるといわれる。種まきの時期は10 - 11月、収穫は1年後の6 - 7月、収穫後は3か月以上強烈な太陽光線のもと天日乾燥する。乾燥したマカの根は7年もの年月の貯蔵に耐えることから、保存食としても用いられる。栽培地はフニン県ボンボン高原など標高4000から5000メートルの高地が適する。

バイアグラ通販はインポートマスタへお任せ下さいurl www.edcare.net/